ちょっと変わったアルバイト


正社員として働いていたけれど、リストラなどで会社を辞めさせられた。
仕事をしていたのだけれど出産などで退職し、家に入ったけれど子どもが大きくなってきたので社会復帰したい。
そういった理由から、手始めにアルバイトから社会復帰していく人も多いです。
アルバイトを探す場合は、求人情報誌やアルバイトに特化した求人情報サイトなどが便利ですが、そういった通常募集しているようなアルバイトでは満足できない人も結構多いです。
そういった人たちのためにちょっと変わったアルバイトというのもあります。

その一例として次のような仕事が上げられます。
・南極の郵便局の局員
その名の通り南極半島にある郵便局で季節限定で郵便局のミュージアムの案内やギフトショップの運営を行なう仕事。
健康で、環境に配慮した生活ができること、氷点下の状況でお客様を暖かく向かいいれることなどが条件となっています。
・無重力空間でのアルバイト
無重力空間で引越しの梱包作業やフライパン返しなどの作業ができるのかどうかを実験するアルバイトです。実施先は宇宙ではなく国内なのがちょっと変わったところです。
・世界中を旅するアルバイト
世界中を旅してその土地の観光地や情報などをブログやツイッター上で配信する仕事です。
語学力が問われるほか、過去に旅行記を書いたことのある人はその評価や自分をアピールする動画などが選考基準になるハイレベルな仕事です。
・京都の漬物店のアルバイト
京都の漬物店といえばなんとなく忙しそうなイメージがありますが、比叡山にある全国発想を専門としている店で募集されているアルバイトは、条件が80歳以上の元気のない人、しかも昼寝してもよいというアルバイトがあります。
いわゆる看板娘のような役割の仕事をするのが目的です。

このように世界各地にいろんな変わったアルバイトが存在しています。
通常の仕事では満足できないという人にはもってこいの仕事かもしれません。